舞台

〜関ジャニ∞大倉忠義さん応援ブログ〜

関ジャニ∞、特に大倉くんへの思いをつぶやくブログです。

2020年7月24日 If or...NEO

昨夜はイフオアの生配信公演がありましたね。
私は今回思うところがあり(個人的な事情で)見送る予定だったのですが、数日前から村上君を愛してやまない姉とLINEしてるとやっぱり観たいなぁと思って。
ひっそり鑑賞させていただきました。

イフオアは1度だけ鑑賞したことがあるのですが、その時は村上君の創り出す世界観に圧倒されたものであります。
それと同時に、ここは村上君の事が大好きな人にとって、とても大切な場所なんだろうなぁという思いでいっぱいになり。
ものすごくほっこりした事を思い出しました。

お客様の声?一人言?が結構大きな音で聞こえてきたのは、おぉ…となってしまいましたが。
今回の内容や配信という環境的に仕方ない部分もあったりしたのかな?
村上君をはじめ、スタッフさんも初の試みだと思うしね。
私は母と観ていたのですが、母も、

「こういう環境になって、それでも工夫を凝らして出来ることをしはるのは偉いね。」

とコメントしておりました。
ほんとその通りだよ。

最初の理想の街を作るやつ。
アンケートは答えてないけれど、めちゃくちゃ難しいなぁ(笑)
これは本当にジャニーズの事も村上君自身の事もよく知らないと考えられない気がする。

個人的に神くん、村上君の派閥に来てくれないかなー。笑
そして大倉君とれんれんと4人でご飯食べに行ってほしい。
私が喜びます。

先生のコーナーは助手さんが可愛かった。
うんうん頷いたり、爆笑したり。
画面の端っこにいるだけで可愛らしかった。

そんな先生のぬいを買ってない私は不幸になるのかな(笑)
それは悪徳商法だよ、村上君(笑)

青いイナズマとシンデレラガールを歌って踊る村上君はアイドルそのものでした。
やっぱりこうやってジャニーズ全開な姿を見せてもらえるのって嬉しいね。
そして、回を重ねるごとに村上君がシンデレラガールを自分の物にしていくから、大倉君で見るという私の夢は当分叶いそうにないわ(笑)

ラストの女装、私はBがいいなぁと思っていたのですが、Cのギャル?っぽい装い似合ってた!
そして脚が本っ当に綺麗。
細いー。

社会の窓全開でえくすたすぃ部分を踊る村上君に目が釘付けになりましたけど。
あれはうっかり?ですよね?笑
ね??

1人で90分近い舞台をこなすしっかり者の村上君だけど、こういう天然な部分が好きだなぁと思いました。

二度目のイフオア。
楽しかったです。
村上君、スタッフの皆様、お疲れさまでした。



*:--☆--:*:--☆--:



ちょっとだけくらすますの事を。
大倉君、何かあったのかなぁ。
今は通常の内容だし気にしちゃダメなのかもしれないけど、やっぱり気になる。
知ったところで何も出来ないけれど。
あー、もどかしい(>_<。)

何の力にもなれないけれど、大倉君が吐き出したい気持ちをただ受け止める事くらいなら出来ると思うので。
これからもくらすますで大倉君の気持ちを教えてくれたら嬉しいです。
もちろん無理のない程度でね。
言いたくないことは言わなくていいし。

あとは焼肉食べて、お家でゆっくり眠って。
心身ともに健やかに過ごしてくれていたらそれだけで嬉しい。

まずはなにわの日にリアルタイムの大倉君に会えるのを楽しみにしてます!

2018年2月19日 If or・・・X

イフオア千穐楽、おめでとうございます。

大変ありがたいことに今年初めて観劇させていただいて、過去のレポなどを読んでチラッと知識を入れようと思えば思うほど、どんな舞台なのか想像できない…という状況でして。
なので結局難しい事は考えず、 真っさらな気持ちで行ってきました。

参加した日にも書きましたが、本当に面白い舞台で改めて村上君の凄さを感じたり。
でも何より村上君自身が楽しそうに舞台に立ってる姿を見て、こちらが幸せな気分になり、客席からも村上君に対する愛をすごーく感じた最高に素敵な空間でした。

村上君、全30公演お疲れ様でした。
とってもとっても楽しかったです、ありがとうー♡ 

そしてイフオア自体がひとまず今回で一区切りって事なんですね。
さみしいですけど、きっとまた何かしてくれるんじゃないかなぁ?なんて勝手に期待してます。

続きに簡単にですが感想&自分用の覚書を残してます。
観た後から日々数行ずつちまちま書いたものなので、記憶が薄れている部分も多々あり所謂レポではありません。
映像も発売されるみたいだし、それをみたら全然違うやん!ってな事になるかもしれませんし、ネタバレ何にも見たくないわって方は回れ右してくださいね。
でもせっかく参加したので、自己満足ですが残しておきます。










*:--☆--:*:--☆--:











続きを読む

イフオア、行ってきました(ネタバレなし)

朝から関ジャム録画をウハウハしながら堪能して、人生初イフオアへ行ってまいりました。

いやもう、全く想像出来なくてどんな舞台なんだろう?とドキドキそわそわしながら観劇。
観た感想としては面白い!の一言です!

村上君は天才か。

1時間半くらいの公演だったけど、ずっと笑いっぱなしだったしちょっとウルっとしたし終わった後も、もう終わったの!?って感じで。
なんなら私は本当にあの場に行ったのか?と今現在観た実感もゼロです。
あれは夢だったのかしら…??

とにかくそれくらい面白くて楽しくて幸せな時間でした!

そして隣で観ている姉から村上君へのときめきを感じ、なんなら客席中から村上君への愛を感じましたよ。
村上君が楽しそうで観ているこっちも楽しかったよ。
そんな幸せな空間にいけて感謝感謝です。
残る公演も無事に幕が上がりますように。

村上君、楽しい時間をありがとうー!
 

蜘蛛女のキス 感想

先週の月曜からたっぷり夢をみた分、
今日は一気に現実が押し寄せて来ました。
これから秋まで毎月試験があります。
テキストがドーンと送られてきたのでしばらくは現実生活頑張らなくてはいけません。

でも隙をみては舞台の事を思い出して、
よかったなぁ…と思いを馳せてます。
今朝なんて家を出たら会社と逆方向の道を車で走っていて、
慌てて引き返したり。
駅方面なので多分東京行く気だった(笑)
自分が怖い。
ご近所さんに、何してんの?って目で見つめられて恥ずかしかったけど、
でもそれくらい常に考えてて、
とにかくヴァレンティンとモリーナが恋しいです。



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:



そして舞台を観ての感想と、
パンフを読んでの感想を残しておきたいと思います。
色々考えたんですが、
やっぱり当日書いたものが1番素直な感想だと思うので、
箇条書きですがほぼそのまま載せようと思います。
なので物語の時系列はバラバラですし、
あらすじなども知ってることが前提になっております。
それから大倉くん云々よりは、
原作を読んだ上での感想や、
ヴァレンティンやモリーナへの気持ちがメインに残ってます。
かなり偏った感想になるかと思いますので、
興味のある方はお付き合い下さい。

…もうネタバレとかって気にしなくていいんですよね??
といってもストーリーの解説はしてないけど(>_<)



6月12日公演後の感想。

真っ暗でモリーナの語る声から始まる。
ヴァレンティンの相づち。
この頃は結構モリーナに強気。 

姿は見えないのに、
聞こえる声は大倉くんだなと。

モリーナを見ているヴァレンティン。
視線は結構鋭い感じ。

モリーナとヴァレンティンが洋服を投げ合う。
ここで笑いが起こって、
笑っていい舞台なんだなと思った。

そしてモリーナの動きが、
なんだか可愛い。
監獄の中を行ったり来たりする。
ヴァレンティンに映画の続き話せよとか言われたら嬉しそう。

世の中に男ばっかりだったら女ばっかりだったらのやりとり。
ヴァレンティンを言い負かしたモリーナ可愛い。
でも更に上をいくヴァレンティン。
絶対に理論的な事で負けたくないんだろうな。
勝利の?ガッツポーズ。
私が思っているよりもこの舞台のヴァレンティンは少年っぽい。

当たり前だけど舞台に2人がいる。
ヴァレンティン、モリーナどちらの表情もよく見える。

ヴァレンティンは思ってたより、
モリーナの話をよく聞いてるなーと。
原作ではもっと素っ気なく感じてたから。
あと2人の掛け合いや舞台の雰囲気も原作とは違って、
思ってた以上にコミカルな感じ。
ラジオとかで笑うシーンが云々って聞いたりしてて、
そんなに笑うところあったっけ?
とか考えていたけれど、
ちょっとした2人のやりとりがクスッと笑えた。

驚いたのはヴァレンティンがお腹を壊すところ。
原作を読んだ時はヴァレンティンはお腹を壊して(これがフラグで)
体調を日々崩していって病気で死ぬのかなぁって思いを巡らしたシーン。
ここが笑いどころみたいになっていて、
結構衝撃をうけた。
2人の愛が芽生える第一段階だと思ってたから…。
なんかしっとりした感じになるのかなと思っていて。
でもこの時心身ともに弱っているヴァレンティンがなんだか可愛い。
毛布にくるまってる。

痒くて眠れないというヴァレンティン。
モリーナがお湯を沸かして身体を拭いてくれる。
こうやって2人は徐々に気持ちを近づけていく。
結末を知っているからか、
そういうシーンを見るたび切なくなる。

感情が高ぶりモリーナの差し入れを机からひっくり返す。
この時所長室にいるモリーナの後ろでヴァレンティンは片付けをしている。
その姿がすごく寂しくて悲しい。
この前のフルーツケーキを袋から出すモリーナがすごく可愛くて、
ひっくり返ったマグカップとかみたらすごく悲しくなってしまった。

私はどうしてもモリーナの目線になってしまうけど、
ヴァレンティンの監獄に入った無念さを考えたら彼の色んな葛藤も理解できるのかな、と。
でもそれこそ革命家じゃないからどれだけ想像してもわかんないんだけど。
でも彼のプライドとか、
色んな物が傷ついたのかな。
甘えたらいいのに…って思ったりもするけど、
この監獄にいる事が悔しくて悔しくて仕方ないんだろうな。

ヴァレンティンが恋人に対する手紙をモリーナに書いてもらうとき。
聞いていて泣きそう。
ヴァレンティンが恋人の話をする時、いつも胸が痛かった。
大切なんだろうなって思うと涙が出た。

ヴァレンティンが本当はあの子が好きなんだって語るところ。
あの苦悩はなんかわかるなぁ。
人を好きになる時誰でも考える事だと思う。
家柄とかその人の取り巻くものも見てしまうのは普通の事だと思うけれど、
自分の中の矛盾に苦しんでるのかな。

2人の夜のシーン。
ドキドキした。
すごく綺麗だと思った。
でもすごく切なかった。
2人の幸せな時間がずっと続いたらいいのに。

朝、紅茶かコーヒーどっちにする?
にコーヒーって答えるヴァレンティン。
もうこの頃のヴァレンティンときたら…。
甘々ですね。

喋り方が最初と全然違う。
ヴァレンティンは恋人にもすごく優しかったんだろうなぁって想像できる。

ヴァレンティンがモリーナにサンドウィッチを作ってあげる。
このときの手の動きに釘付けになってしまって。
すごく綺麗。
それにヴァレンティンの表情からこぼれるモリーナへの愛情を感じて、
見ているこっちが幸せ。
1番好きなシーンかもしれない。

出所するモリーナにヴァレンティンが仲間に伝言をとお願いする。
こらー!ヴァレンティン!
と舞台を観ても怒る(笑)

モリーナ、あんなに葛藤したのに、
踏み込ませたのはなんだったんだろう。
やっぱりヴァレンティンへの愛情なのかな。
でもそんな一言で片付けられないもっと違う何かも感じる。

私がヴァレンティンの周りにいる女性なら、
危ない事はやめてっていうタイプだろうな。
ヴァレンティンもそんな人は相手にしないだろうけど。

原作を読んだ時も感じたけどヴァレンティンは良くも悪くも自分の思いに真っ直ぐだと思う。
モリーナは自分の尊厳をなくさないことをヴァレンティンに教えてもらったから、
それが何より幸せだったのかな。

モリーナは本当にいじらしい。
所長に何を言われても疑われても誤魔化して、
ヴァレンティンのために行動する。 
食べ物の名前をいっぱい言うし、
一番大切なお母さんよりも、ヴァレンティンを選んだんだよなぁと。

モリーナの話す映画はずっと黒豹女のお話だった。
やっぱり舞台では何個も話すのは無理だよね。
ゾンビの話が結構好きだったからなぁ。

ラスト2人が笑顔で語っていたので救われた。
原作では特にヴァレンティンから無念さを感じたから。
2人とも生きて末長く幸せに…とかのハッピーエンドではないけれど、
私は幸せな気分になれた。

ヴァレンティンにキスする事が気持ち悪くないかと聞くモリーナの気持ちが切ないなぁ。
別に普通の(本当に語弊があったらごめんなさい)
男女でもそういう思いになる事はあるだろうし。
自分とは嫌じゃないかとか。
ヴァレンティンは普通に女性が好きな男性で、
この監獄に入ることがなければモリーナと何か関係が出来るわけでもなくて。
でも、モリーナがそうやっていうたび、
ちゃんと怒ってくれる。
すごい愛情だと思う。
モリーナが(自分とキスするの)気持ち悪くない?
って聞くと、
怒るよって返してくれる。
本当に素敵。

うまく言えないけどキスが何だか可愛かった。
この監獄という場所で出会わなければ出会うことのない2人だったんだろうけど、
この時は普通の恋人みたい。

作品のタイトルになるくらい、
特別なシーンだと思う。

家に帰ってから改めて原作を読み返したら、
頭の中に舞台の映像が流れてきて。
一言一言どの台詞も大切で涙が出る。

そして観劇前に原作をしっかり読んでいてよかったって思ってます。
自分なりに色んな解釈をして色んな想像をして、
続きを読むのがとにかく楽しみで、
その上で大倉くんといっけいさんが演じるヴァレンティンとモリーナに会えて本当によかった。

この舞台の感想を書くにあたって、
もっともっとあの世界に似合う素敵な言葉で残したいのに、
ボキャブラリーがなさすぎて。
詩集とか読もうかと真剣に考えたくらい(笑)

でも、それこそどの引き出し開けても、
素敵って言葉しか入ってなくて。

それ以上の言葉が思いつきません。

最初かいたけれど、
大倉くん云々と思うよりは、
あー、ここにいるのはヴァレンティンとモリーナなんだなーって。
もちろん真っ暗な世界からヴァレンティンの声が聞こえた時は、
大倉くんの声だ!って思って、
顔を見た時は大倉くんだ!って思ったんですけど。
だって紛れもなく姿形声…これは全部大倉くん。
でも大倉くんといっけいさんが私たち観客にみせてくれたのは、
間違いなく蜘蛛女のキスのヴァレンティンとモリーナなんです。

うまく言えなくてごめんなさい。

だからモリーナが動いてる時はモリーナに釘付けになって、
今ヴァレンティンはどういう気持ちでモリーナを見てるんだろう?
って思って慌ててヴァレンティンの顔を見にいったり。
逆もしかり。
とにかくこの舞台の全てを取り込むのに必死でした。
なのに少しずつ記憶が薄れてきて、
すごくさみしい。

でもこの儚さが、また素敵なのかもしれないですね。 
 続きを読む

2017年6月18日 蜘蛛女のキス

本日蜘蛛女のキスが千穐楽を迎えました。

大倉くんが出演すると発表があったのは3月の終わり頃。
そこから今日まであっという間でした。
本当に大倉くんの出演が嬉しくて、
舞台初日が待ち遠しかったな。
自分は観ることが出来ないだろうって覚悟していたけれど、
でもありがたい事にこの目で観る事が出来ました。
これは本当に奇跡だと思っているし、
ずっとずっと忘れません。

改めて、蜘蛛女のキスが無事に千穐楽を迎えられた事をお祝いしたいと思います。

大倉くん、いっけいさん、鈴木さん、スタッフの皆さま。
千穐楽おめでとうございます。
全27公演本当にお疲れ様でした。
これ以上ない素敵な夢を時間をありがとうございました。


今日は皆さんで美味しいお酒を飲んで欲しいな。
そして素敵な夢をみてください。



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:



それからご報告があります。
本日夢の世界へ行って参りました。
今はまた帰りの新幹線です。

12日からあの世界のことが忘れられなくて、
どうしてももう一度観たくて、
昨日ラストの当日券にチャレンジしました。
そして大変ありがたいことに電話が繋がりヴァレンティンとモリーナに会う事が出来ました。
先日観た舞台の感想とずっとずっと伝えたかったいつもありがとうという思いを込めた手紙も、
スタッフさんに渡してきました。
こんな短期間に手紙を書く事が出来るなんて思わなかった。

舞台を観ての感想も近いうちに書き上げたいと思いますが今はまとまらないので、
続きに当日券の記録を書いてます。
この部分だけは忘れないように昨日書いたものです(笑)
蜘蛛女のキスはもう終了しましたが、
また今後何かの当日券に役立つかもしれないので自己満足ですが残しておきます。



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:



上に書いた通りですがもう一度あの舞台を観たくて、
ダメ元で挑戦しました。
16日も何回かかけたのですがやっぱりうんともすんとも言わなくて。
いや嘘。
NTTのアナウンスを聞いて、
さすがに千穐楽は無理だろうなぁ…って思ったんですが、
諦めたくないなと。
せっかく18日まで何にも予定を入れずにいつでも行けるようにしていたのに、
行けるチャンスがあるならやらないと後悔するし、
繋がらなかったら諦めがつくわけだし…と悩んだ末にやる事にしました。

今回は私のスマホと一度見捨てた固定電話で挑戦。
ちゃんと時報をみて、12時きっかりに向こうに繋がるのを逆算して二つの電話をかけました。
…が、案の定聞こえてくるのはNTTですの音声ばかり。
でも12時3分くらいの時に固定電話に変化がおきてきて。
何回かけてもNTTです〜って言わなくて、
とにかく話し中のプープーという音ばかり聞こえてきて。
あ、これは向こうに届いている?と思い、
今だ!!と番号を押しまくりました。
(リダイヤルは使わない方がいいと見かけたので毎回自分で入力してます。)
数回プープーを聞いたあと、きっちり電話を切って再度番号を入力してかけて。
それを繰り返す4回目くらいの時にナビダイヤルにお繋ぎします…のアナウンスが聞こえてきて。
でも前に一回騙されたから(笑)
落ち着け落ち着け…と冷静になるように努めていたら、
プルルルル…と音が聞こえてきてぴあのお姉さんが電話に出てくださいました。
またもや名前を聞き返され(今度は下の名前。これも慣れっこ。)
私も緊張して3回くらい名乗ったし、
電話番号も3回くらい確認したし、
お姉さんにすみません…緊張してって謝りっぱなし。
途中から手も声も震えまくって大変でした。
でも慣れてらっしゃるのか優しく対応してくださいました。 

今回繋がったのは12時4分頃。
固定電話に異変を感じてから一分間くらい。
多分ここが勝負なのかなと。
なぜかと言うと完全に推測なんですが、
日々当日券にチャレンジしていて、
あと当日券につながりましたという方のツイなどを拝見して一つ仮説を立てたんですね。
(そんな大層なもんでもないけど)
まず当日券は12時〜14時にかけるんですが、
販売終了は大体どの日も13時30分前後。
そしてこのチケットはプッシュホンじゃなく、
お姉さんと喋って手続きをするため一人頭3〜5分くらいかかります。
ツイを読んでると大体12時10分くらいまでに繋がった人は10番くらいまでの番号、
12時20分くらいに繋がった人は10番台で…というふうに10分刻みくらいで番号が割り振られていたんですね。
当日券はどの日も平均して50枚くらいはでているので、
多分最初の1時間ほどで終了し、
13時前後からはキャンセル待ちの予約をとっていると思います。
でこの仮説通りにいくならば、
何回かけても12時3分くらいまでは第一陣がお姉さんと喋ってるから絶対繋がらない。
繋がっても話し中になる。
でも第一陣の対応を終え始める時間からまた繋がるチャンスが出てくるんだと考えて、
スマホは常にタップしてましたが固定電話は何回も繰り返しかけるよりはゆっくりタイミングをみてかける事にしました。
実際この方法がよかったのかどうかは結果論ですしわかりませんが、
今回、今だ!!と思ったあの瞬間これは繋がるって思ったんです。
なんだかわからないけど行けるって感じて。
なので繋がらなかった時も電話の反応をしっかり聞いておく、
いつ何時頃に話し中になる確率が高いのかしっかり確認しておくといいのかもしれません。
ただこれは私が立てた仮説ですので、
絶対繋がるとかではないですしその辺りはご了承ください。

以上が私の当日券の記録です。



*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:



今回繋がった事が前回以上に信じられなくて。
姉に電話して、
繋がったぁ〜と最初は笑って報告してたのに、
ものの数秒で大号泣。
しばらく涙が止まりませんでした。
観にいっていいんやんな??って、
何回も何回も聞いて。


今日、あの場所に行けて本当によかった。
大倉くんの思いがいっぱい伝わってきました。
あの場では泣かないようにしてたけど、
思い出すと胸の中が好きと感謝の気持ちでいっぱいです。


最後にもう一度。
幸せな夢をありがとう。


IMG_1189



 
記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ