映画

〜関ジャニ∞大倉忠義さん応援ブログ〜

関ジャニ∞、特に大倉くんへの思いをつぶやくブログです。

ファンの皆さんにとって有益な情報は全くと言っていいほど書いていないと思います。

好きという気持ちをマイペースに語ります。

オタクは推しの夢をみる

ってか見たい。

本日、窮鼠~を手にいれましたので、無事二冊ともゲット♪
(撮影場所は私のクッションの上のため繊維が見えています。映えない。)

IMG_20190219_214303

窮鼠~が手元に来るのは月末くらいかな?と思っていただけに嬉しい。
だってどこにも売ってないんだもん(笑)
まぁ、よく考えたらめっちゃ前の作品ですもんね。
今思えば俎上~をよく見つけたもんだ。
よくやった、あの日の私。
我ながら愛の力を発揮した一件だと思います。
見つけたとき思わず、あったぁ!って声に出しましたからね(笑)
もちろん、小さく慎ましく。

これ、蜘蛛女のキスの時も思いましたけどね。

世の大倉君ファンの購買力に乾杯☆

で。
早速読んだけど、窮鼠~の方が少し生々しい感じ??
なのかな??
大伴さんがまだ今ケ瀬君に振り回されてるからだろうか。

んで、改めて思ったんですが。
どこまでどういう風に描かれるんだろう。
気になる。

あと今ケ瀬君…。
シンプルに顔がかっこいい。
なんだこの雰囲気のあるイケメンは。

それと二冊通して女子がわりと可哀想。

…大伴さん!!
ハッキリせい!(主に窮鼠を読んでの感想)

でもこのダメダメ具合を大倉君がするのかぁ。

と思うと、ぽわ~んってする。
ぽわ~んって。

なんていうか、関係者各所での私がときめくシーン期待してます。
ありがとう、大倉君。
期待してる。

そして今ケ瀬君、めっちゃ大伴さんのこと好きじゃないですか。
それがまたなんというか。
いいなぁというか。
彼の思いは、わかるーってなる人多い気がする。

はぁ~~~~。

愛しいため息が出まくりというか。
原作読んだだけで色々思っちゃいますよ。
2020年が楽しみだなー。

そうそう、昨日はcrystalのMVをチェックしまして。
メイキングが楽しみで。
久々のダンス曲を期待してたけど、でもMVハチャメチャにかっこいいのでとにかく全てをフルで!!っていうか3種ともフルコースで楽しむの楽しみにしてます!!

さぁー。
明日も仕事頑張ろっと。

"黒猫、あくびをする"がとても好き。

最近、お客様のお名前の漢字を会社の他部署の人に説明するのにとにかく困ってます。
何て言ったら通じるのか人それぞれすぎて全然わかんない。

1、部首と部首じゃない方を言えばいいのか。
2、有名人の名前を言えばいいのか。
3、形の特徴を言えばいいのか。

悩んでたんですけど。

でもこないだお客様にですね!

「錦戸亮君の亮で~…ってわかりませんよね?」

って言われて。
そんなん秒で書けるわっていう出来事がありました。
思わず、わかります!わかります~!って連呼しましたよ。
だから、本当に人それぞれなんだなーと思って。
まぁ、1が一番無難なんでしょうけど、2は人によっては何よりも通じるんだなーと。

まあ、それだけの話です。
ちょっとした雑談でした。

てなわけで、昨日何とか手に入れた俎上の~の感想を少し語りますね!
ってか、窮鼠~の方はもう私の力(というか地元書店)では手に入らなさそうなので、とりあえずネットで予約しました。
今月末には手に入るかな♪
楽しみにしとこ。

で、タイトルにも書いたのですが。
このエピソード好きー!
今ヶ瀬さんの思ってることがわかりすぎて辛い。笑
この妄想、共感しかないです。
どうしよう(笑)
わかるーってめっちゃなる。
でも携帯チェックはしないよ。
幸せなときはしてもいいことないはでしょうしね(笑)

ただなんというかこの重さ、独りよがり感。
共感しかないです。

妄想もねぇ。
だいたい恋する乙女はこういう事考えてるよなーと。
アホな妄想してるよねぇ。
ただこういうこと考えてる時って幸せなんですよね。
楽しくて楽しくて。
何かわかるわー。

あと、大伴さんが大倉君なんだぁと思ったら、今ヶ瀬君がここまで思う気持ちもわかるーってなる。
大伴さん、ダメな男だけどモテるのも分かる。
優しくてイケメンなら問答無用でモテるでしょう。
不倫はダメですけどね!

そのダメな男性を大倉君が演じると思うと、やっぱり楽しみです。

まあ、そんな感じで色々楽しんでます。
公開まで時間はあるけど、自分なりに楽しみしながら過ごしていきます♪
ブログでも話題として増えると思いますが、よろしくお願いいたします。

明日は早起きしてジャニ勉録画楽しみます。
おやすみなさい。

大倉君、映画主演決定おめでとう。大好きだ!

タイトル通りであります。
大倉君、主演映画決定おめでとう。

『窮鼠はチーズの夢を見る』

2020年公開。
共演者、関係者の皆様と一緒に最高の作品を作ってくださいね。
大倉君が素敵な時間を過ごせますように。
大切な作品になりますように。
まだちょっと先だけど、公開日まで楽しみにしてます。
私も同じくらい、それまでの時間を大切に過ごします。

映画館で大倉君のお芝居が観れるんですよ。
映画に出てほしいなぁって思ってたから、朝起きてからずーっとニヤニヤがとまりません。
いや、もちろんドラマもお待ちしてますけど(笑)

しみじみと嬉しくて、なんなら今ちょっと泣きそう。

朝起きて、

今日からまた仕事かぁ~まだ寝た~い

とか思いつつボケボケの頭でネットを開いたら大倉忠義の文字。
これでまず目が覚めて。

何々!?何が起こったの!?

と思い調べたら映画の文字。
もうこれで私の寝ぼけた頭も一気に覚醒しましたよね。
大倉君×映画の文字の破壊力。
更に主演とか。
何このサプライズ。
金子さんのダウンの色からの振り幅すごすぎ。
泣くわ。

漫画原作の実写。
水城せとなさん原作という事はもしや、びー…??
と思ったらビンゴでしたけど。
(ドラマ化した失恋ショコラティエは買ってたの。漫画内でのさえこさんの言う事はものすごく説得力あって好きだったな。)
漫画は大好きなのですが、実はこのジャンルは少しばかり苦手で普段は読みません。

でも、それがなんだ!

と思い、本日本屋さん巡ってとりあえず『俎上の鯉は二度跳ねる』を見つけたので買ってきました。
窮鼠~は見つからなかったのでぼちぼち探します。
とりあえずパラパラしただけですけど、恭一さんを大倉君が演じるんだと思ったら、ますます楽しみになったよ!
これを映画館でみたら私、ぶっ倒れるかもしれない!笑
もう、楽しみすぎる!

まとまりないけど、大倉君。
公開日まで本当に楽しみにしてるし応援してます!

さっきも書いたけど大倉君にとって大切な作品なりますように。
素敵な時間が過ごせますように。

大好きだー!

羊の木と泥棒役者

旅行先から帰ってきました。
最高に息抜きになりました。
楽しかったー♡♡
歩きすぎて足パンパンだし靴がドロドロだけど(笑)
また来年どっかいけたらいいなー♡
時間は有限、自分が元気で好きに動けて行けるうちに色んなとこ行こうと思います♪←いくつだ(笑)
関ジャニ∞に癒されつつその為にまた頑張って働きます!

続きはタイトル通り羊の木と泥棒役者の感想です。
移動&待ち時間にチマチマ書きました。
もうネタバレなんかは気にしなくていいのかな?とは思いつつ、気になる方は回れ右でお願いします。



*:--☆--:*:--☆--:



まず羊の木。

観た瞬間思ったのは、ストーリーの展開や場面がパッと変わって、なんだかお洒落な映画だなぁって事です。
うまく言えないけれどすごく雰囲気のある映画でした。

唐突ですが私、結末がなんだかすっきりしなくて。
宮腰には警察へ行って罪を償って欲しかった。
でも彼は罪の意識もないだろうし、そういう自分が自分だと受け入れているから人を殺しても後悔したり反省したりする事もないだろうから仕方ないのかな。
いやでも月末さん達に近づいて行ったり(個人的にはあの距離の詰め方も怖かった)、改心したい思いもあったのかもしれない。
うーん。
多分どれだけ考えても彼の気持ちを理解する事はないなぁ。
だからこそのろろ様にしか彼を裁いたりできないのかもしれない…。

映画をみた後原作ファンの方や色んな方の感想をチラ見してきたんですけど、宮腰は生理的な怖さっていうのを拝見して。
関わり合いたくないタイプとかなんとか。
本当にその通りだなぁと。

宮腰が怖すぎたのか映画を観た夜は夢に松田龍平さん、というか宮腰が出てきてうなされて眠れませんでした。←まじです。
そのくらいこの映画の中で存在感があって怖かった。
そんな中で錦戸君演じる月末さんが癒しの存在でした。
個性的な元受刑者役の方々を引き立てる錦戸君の演技は素晴らしいですよね。

美容室でのシーンは怯える月末さんが可愛くて(自分があの立場なら怖すぎて泣くかもだけど。映画館では笑いがもれてました。)
でもその後の福元さんと店主のやりとりに思わず目がウルウルしました。

ふと思ったんですけど、月末さんは宮腰にそれ友達として?と何回か聞かれるたび友達としてって答えていたけど。
本当に心から友達と思ってたのかな。
普通が何かわからないけど私の感覚を普通としたら、友達と言わないと殺されるかもしれないっていう恐怖心や自分は偏見持ってないよっていう偽善者的な真理が働いた上での、友達としてになると思うんですよね。(すみません、性格悪いですね。)

月末さんはどこまで宮腰の事信じてたんだろう…というか信じてたのかな…うーん、難しい。
まさに信じるか疑うかですよね。

続いて泥棒役者。

これは旅行中の飛行機の中で観ました!
公開中も観に行こうと思いつつ行けなかったので、思いがけず観ることが出来てラッキー♡

前の晩に羊の木をみたからか、真逆の雰囲気のこの映画には癒されました。
役柄もマルちゃんにぴったりで、こちらも思わずウルウルしちゃって。
マルちゃんと高畑充希ちゃんのカップルが可愛くて。

どんな人にも人に知られたくない過去や秘密があるけれど、はじめちゃんは自分の過去を受け入れてそして信じてくれる人に出会えたんだねぇ。
よかった…(;_;)

やっぱり私幸せな結末が好きなんだろうな。
現実はうまくいかない事の方が多いかもしれないけど、物語はハッピーエンドで希望がある方がいい。
だから心温まる結末で観た後も幸せな気分になりました。

登場人物の台詞の掛け合いも面白くて、元は舞台だったんだなーって改めて思ったし、テンポがよくて楽しくて笑って泣けるそんな映画で。

でラストに聴く応答セヨ!
めっちゃテンションあがりました♡
映画を観てからこの曲を聴くと更に好きになります。
この歌詞まんまはじめちゃんですね♡

マルちゃんには舞台でも素敵なはじめちゃんを演じて欲しいです。

後もう一個飛行機の中で斉木楠雄のΨ難っていう映画を観まして。
これはもう関ジャニ∞一切関係ありませんけどね(笑)
友達に漫画を借りてた時からくだらな面白いと思ってたけど。
映画は想像以上にくだらなかったです(褒めてる)
機内食吹き出しかけたし。
新井浩文さんが出演されてたので、四月からよろしくお願いしますと念を送っておきました。←怖い。
このブログを読んでくださってる方はおそらく興味がないであろう映画ですが、個人的には面白かったので一応書いておきます(笑)
何にも考えなくて笑えるのが好きなんですよ(笑)

というわけで、ちょびっとですが映画の感想でした。

さ、靴買って家に帰ろ。

疾風ロンド メイキング&インタビュー感想

いよいよ土曜からツアーが始まりますねー!!
大倉君のレンジャー読んで、うへへと笑ってしまいました。
札幌にいるんですね♪

明日にはグッズも分かって、自分も実感わくのかな?
今のところ正直まだまだ実感ゼロです。

でもこの日に備えてできる仕事は今週中に!と自分を奮い立たせて過ごしてます。

そんな夏のツアーで盛り上がる最中、
真冬の映画の話をしてもよろしいでしょうか?

やっとこさ見れました、疾風ロンドのメイキングとインタビューの感想です。

お付き合い下さる方のみスクロール願います。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



まずインタビュー。
内容はほとんどいろんなところで語ってくれていることですけど、
大倉君の口から聞くということが大切なんですよ。

まず見た目が可愛いんです。
前髪がおろしてあった時の見た目で、とにかくすっごい可愛いんです。
根津さんと最近のビジュアルがかっこいい系だったので久しぶりの可愛い系に、
わぁ♡
となりました。
どっちも似合うなんて最強やん。


インタビュー内容(ニュアンスです)

―原作を読んだ感想

「あっという間に引き込まれて、えっえっで終わった。」

でた!
えっえっ(笑)
とりあえず一気に読んだってことかな?
それはなんかわかる気がしますね。


―根津昇平を演じてみて

「夢を持ってて挫折して。レスキューとしてやってて。
正義感が強くて実直でと思ってたんですけど。
千晶との関係は監督と作り上げていけばいいかなと。」

確かに根津さんは正義感強い。
そして普通にかっこいいと思うんだけどな。


―根津昇平のキャラクター

「ちょっと、間抜けにしか見えなかったけど。
さわやかにうつってたらいいな。
1人でまじめに話を聞いてる。
演ってて根津って変なのかな?って。
(根津は)素直なんじゃないですかね?」

根津さん…どうなんでしょう?
私はそんなマヌケな人の印象はないけどな~。
確かに明らかに怪しい人につけられてるけど、
そう思うのはあれは映画だからじゃないかな?
映画がコメディ感強いから根津さんがやたらとまともに、そしてマヌケに見えるんですよ。
周りの登場人物のキャラが濃いんですよ。


―レスキュー隊員の衣装を着てみて

この時大倉君が真剣に答えているのに大雨が(笑)
雨に対しての、

「なんだよ!」

が可愛すぎます。
ずっと耳触ってる(笑)


―スノーモービルを運転してみて

「楽しかった。気持ちいいですし。
ただあの衣装を着ているので、一般の方にすみませんと言われないようにした。
カットの瞬間脱いでた。」

衣装見に行ったな~♡
宝物ですよ。
フードコートの前に置いてあって、写真撮るの結構恥ずかしかった思い出。

ちなみにこれです↓

IMG_1215

この後ろがフードコートでめっちゃ人いるんですよ。
真後ろなんでカメラ向けるのも気が引けるし、
結構撮影に苦労しました。
でも大倉君が着てたんだ…と思うと感無量でした。
そん時渡辺直美展をしていてそちらの賑わいがすごかった。


―滑走シーンでの苦労話

「人口スキー場で練習したときは行けるかぁってなっちゃって。
実際山に入ってえらいことになった。
ゴロゴロ転げて。」

ゴロゴロ転げてる姿も可愛いでしょうね。
見たい。


―滑走をうまくみせるコツ

「スタッフさんと仲良くなること。
僕の力ではない。」

…。
なるほど。


―根津と千晶の関係について

「なんかわかんないですけどぉ~」←これが可愛い。

「薄い壁が少しある。
すごく飲んだらくっつくかも」

え?そんな関係なの?(笑)
でもまぁ、いつかはひっつく関係ですよね。
というかどうなるの?って思わせる関係?
連続ドラマとかではつかず離れずのなのに、スペシャルドラマとかではキスしてたりする人達。
ちょっと違うか。


大島優子さんについて語っているとき消防車が…!!

「なんでこうなるんやろ」

「トラブルだらけですってテロップ入れといてください」

に笑いました。


―完成した映画をみて

「面白かった。
気付いたらのめりこんでいる」

確かに。
個人的には想像以上にコメディタッチで、こんなに笑うところがあるんだなーって思いました。
あっという間に終わったもんなー。


続いてメイキング(一部抜粋)

まず最高~って思ったところ。
根津と千晶が親子連れの行方が分かったところ。
根津さんが言う、

「詰所で待ってて」

かっこよすぎてやばいです。
はい待ってます。
こんなん言われた日には永遠に待ち続けますけど大丈夫ですか。


大倉君のスノーモービル練習シーン。
この映像で1時間15分でもOKです。
ずっと見てられる。
この円盤をお迎えした日に本編を見ながら母に、

「この後ろに乗せてほしい♡」

っていったら、

「厚かましい」

って言われたんですけど、これって厚かましいんですか?


栗林を助けるシーン。
阿部さんを背後から抱える大倉君。
結果足をつる。
二人とも大きい。


ムロさんが登場するだけでもう面白い。
怪しいスキーヤーが根津さんと千晶を尾行するシーン。
あんなに何回も撮ってるんですね。
何回目かに大倉君が振り返ると転んでいるムロさん。
その時大倉君の、

「ちょっと!!」

の言い方がめっちゃ大倉君♡


謎のゴーグルをつけている大倉君。

大島さん「なんでそれにしたんですか?」

大倉くん「モテるかな思って。」


スキー練習中の中学生役の子に、

「練習した?」

と声をかけながら絡み、肩を押す大倉君。
よろける彼をみて、
あっはっは~って(笑)
酷い(笑)


千晶に雪をかけられるシーン。
これもあんなに撮ってたんだねえ。

スタッフさん「ジャニーズだからって遠慮するな」

大倉くん「大人たちが氷かけてきた…」

なにこのやり取り…可愛い…。


オールアップ。
お酒のセットと、来年のリフトの1日乗車券をもらったみたい。
撮影時の来年ってことはもう有効期限切れですよね。
この冬もぜひウインタースポーツを楽しみに行ってほしいな~。
そして有言実行でゲレンデで転ぶ私たちを助けてください。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



というわけで以上疾風ロンド特典映像の感想でした。

改めて映画やドラマって素晴らしいですよね。
こんな風に好きな人の事がいつでも見ることができるんですよ~。

まずはライブってよくよくわかってるんですけど、
次回作期待しております。

今晩はバズリズムを録画して、
明日の朝見るのを楽しみに寝ます。

おやすみなさい。

記事検索
プロフィール

hiromi

読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ