8割クマのあなたに終日夢中

大倉くんに癒される日々をつづります

2018年09月

〜関ジャニ∞大倉忠義さん応援ブログ〜

関ジャニ∞、特に大倉くんへの思いをつぶやくブログです。

ファンの皆さんにとって有益な情報は全くと言っていいほど書いていないと思います(笑)

好きという気持ちをマイペースに語ります。

台湾の話とか地元の話とか(ANN感想)

台風…。
自然現象だししょうがないとはわかっていても、やっぱり鬱々としちゃいますね。
雨も風もさっきまでは落ち着いていたのに、また降り出したし。

夜だし、外出されてる方もさすがに少ないとは思いますが、皆さん安全第一で過ごしてください。



*:--☆--:*:--☆--:



今回は生放送。
こんばんは、久しぶり~っていう2人に癒される。
それだけでですよ。
それだけなのになー。
生放送って本当に本当にありがたい…ってしみじみ思います。
なんだろ。疲れてるのかな(笑)

まずは台風24号の情報から。
その後タイトルコール。
ちょっと噛み気味。
これがまた、ほっとするんですよね。
和むー。

秋田に帰った優君。
大阪に帰った大倉君。
しかし逃げ帰ったって(笑)
2人も実家でゆっくりできましたかな?
レンジャーでホームシックって言ってたのは、久しぶりに帰れてほっこりしたからなんですね。
あたたかく迎えてくれる場所があるのは素敵ですね。

ここから台湾公演についてのあれこれ。
せっかくなので2人の会話残してます。

高「どうでしたか?台湾は。」

大「台湾はね~すごい盛り上がってくれて。
ちゃんと無事埋まってくれてまして(笑)
ありがたいことに。」

高「日本との違いみたいなんあるんですか?」

大「僕ら初めて行くので。
どの曲をやっても、わーってなってくれましたね。
半分くらいは日本から見に来てくれたお客さんもいたんですけど。
そうじゃない方もいらっしゃったので。
日本語とか僕らの多分DVDとかみてすごい勉強してくれてて。
だからねー、めちゃくちゃ詳しかったですね。
優君の作ってくれた象とかもやったんですけど。
すごい大人気でした。」

高「ライブの盛り上がりに少しはなにかこう…」

大「もちろん、もちろん。
台湾の象が。」

高「台湾の象が(笑)」

大「ええ。
すごい、よかったですよ。
暴れまわってましたね(笑)」

高「弾き語りみたいなのされてませんでした?」

大「そうそう。
ヤスがギター弾いて無限大って曲のサビを、中国語で北京語でやらさせてもらって。
そうだからそん時もちゃんと伝わって、よかったな~と思って。」

高「いいですね。
ライブの最後にそれをやって?」

大「あれはアンコール一発目かな。
うん。」

高「素敵~と思ってみてました。」

大「いやー恥ずかしいというか。
伝わらんかったら俺ら恥ずかしいなと思いながら。」

高「言葉が?」

大「そうそうそう。
初日始まる直前にみんなで一回合わせてとかまでやって。
披露しました。」

高「個人的に気になるのは丸山さんはギャグをやられたんでしょうか?」

大「やりましたよ~。
やりました。
笑いはねー、何発かやった内の一発が大爆発してました。
やっぱり言葉の壁もあったりとか、シンプルな…やっぱ難しいのとかより、シンプルなのがウケるらしいんですよ。
マルの中ですごい迷ってたと思うんですよね。
シンプルってなんなんだろって多分。
葛藤があったと思う。
でもギャグのところでアンコールがくるっていう。
もう一回、もう一回みたいな。
あんなん見たことなかったね(笑)
いーよ、いーよつってもう一回やってましたよ(笑)
ウケてましたよー。」

高「自分のことのように嬉しい。
なんか海外の公演だとトラブルがあったりするなんて聞いたりしますけど、そういうのも特になく?」

大「トラブルなかったですね~。
だから2回とも上手くいきましたね。」

優君ってばすっかりマルちゃんの虜(笑)
象も無限大も、見たいなー。
台湾公演って映像化するのかな?
なんかしら楽しめる機会があったらいいな。

ライブ以外の時間について。

高「ゆっくりする時間は特になかったんですか?
ライブ以外の時間で。」

大「ライブ以外の時間は基本的にすごくゆっくりしてましたね。
会場の中もホテルもずーっと僕は、ゆ~ったりしてました。」

高「美味しいの食べたりとか?」

大「美味しいの…美味しいの食べましたよ!!
美味しいの食べたし~。
中華料理とか。
あとは牛肉麺。
僕めっちゃ美味しい牛肉…大好きな牛肉麺があって。
そこはねー、3日連続行きましたねー。」

ここでテンション上がる大倉君が好き。
美味しいものっていう言葉に反応するのがいいですよね♡

高「牛肉麺ってなんだろ?」

大「普通にー、あれどういうスープなんだろう。
なんかすごく、シンプルなすっきりしたスープに、あの普通にホンマに牛肉乗ってるんですけど。」

高「麺はラーメンの麺?」

大「麺はねーやらかいんです、あっちのって。
ちょっとふにゃっとしてるというか。
日本の麺ってちょっとかためじゃないですか。
コシがあったり。
でもあっちはちょっと、素麺がちょっと伸びたかな?ぐらいの感じ。
そこのところはコシがあってちょっと太めなんですよ。
どれぐらいやろ…二郎ぐらい。
そこに味噌みたいなんを足していくんです、テーブルにある。
足せば足すほどコクが出て、辛くなっていくんですよ。
僕辛いの大好きだから、激辛にして。
僕そこ、3日連続行きましたね。
是非台湾に行った時には。
行ってみてください。」

ちなみにこれ↑を書いててお腹減りました(笑)

ここからは地元に帰った話。

高「わかりました。
日本帰ってきてからは?
少しはゆっくり?」

大「収録をずっとしてたなー。
なんか、ずっとなんかしてたんですよ。」

高「ツアー的には振替公演以外としてはひと段落したわけじゃないですか。」

大「あ、そうですねぇ。
なんかまぁ、なんか、さぁ…。
そうなんですよ…。えっ?」

ここ可愛い(笑)
えっ?てこっちがえっ?ですよ。
もう可愛いったらありゃしない。

高「(笑)ゆっくりできる時間あったんですか?」

大「ゆっくりできる時間は…1日と、昨日ぐらいか。
結構あるやんけ。
さすがに帰ってきた日は何もなかったし、それ以外は収録してましたね、テレビの。
特番の収録とかもしてましたし。」

高「大阪に逃げ帰ってたとさっきおっしゃってましたけど。」

大「食事するくらいでしたけど。
久々におばあちゃんに会ったりとか。
よかったですね。」

高「実家に帰るのっていいですよね。」

大「いいんですよね~。
やっぱね~そうなんですよ。
ほんまにね~帰って、ずっと見てきた景色を見るだけで、心がすーっとする感じがしましたね。
で、適当に入ったところで、シャンプーだけしてもらって。
予約もしてないんですけど、シャンプーしてもらえませんか?いうて。」

いくら地元とはいえ大阪の美容室に大倉君がシャンプーだけしにくるなんて…すごい。
そんなことあるんですねー。
そんな風に普通に地元での時間を過ごしたりするんだねぇ。
こういうエピソードってなんかほっこりしますねー。

ダウンタウンさんとのやりとり。
浜田さんに太鼓の達人を褒められた大倉君。
やっててよかった~と思うのがいいね。
今はチルドレンも育ってるし、関ジャニ∞に興味がない人に大倉君が好きって言っても太鼓の達人は通じるし、なんでも真剣に取り組むのは大切ですね。

牛肉麺の話から台湾の観光の話へ。

大「千と千尋の舞台になったみたいなところとか。
みんな行ってましたよ。」

高「大倉さん行かなかったの?」

大「行かない。」

高「どうして?(笑)」

大「僕は写真で見たら十分。」

高「メンバー、他の皆さんは行かれたの?」

大「そこに行ったのは2人くらいかなー。
あとはー、博物館には行ってたかな。
みんな。
なんかわからんけどね、翡翠で作られた白菜があるらしい。
白菜とあと角煮が。
そういうのが飾られてる博物館があるって、行く?って言われて、行かない、つって。
それを見に行ってた方もいらっしゃいますし。
ツアーを組まれてまして。
僕はずっと、部屋でゆーっくりしてました。」

高「お部屋で何されてたんですか?」

大「寝たり起きたり寝たり起きたり…。
あはははは(笑)
ビュッフェとか食べてました。
ずっとホテルおった。
あんまりねー、僕あんまりね、あれなんですけど。
いっぱいたくさんいいとこあるんでしょうけど、ライブに集中したいから。
他の物が入ってくるとちょっと、うん。
今までの歌詞が歌えなくなりそうで。
あははははは(笑)
自分がやってること一個しかできないから、僕。
そうそうそう。」

高「至極全うな事おっしゃってますけど、なんでちょっと面白いんだろう?」

大「なんでこんな響いてないんだろうみんなに。」

高「ライブに集中したいからって言い放った時の大倉さんのなんか感じがちょっと違和感というかね。」

大「街の感じがちょっと入ってきちゃうと、うん。
千と千尋とか入ってきちゃいそうやから。
ちょっとね。
から、僕は入らないように寝てました。」

高「それぞれに台湾を満喫されて。」

大「そうなんですよ。
だから僕、海外行っても外とか出歩かないんですよ。
あんまり。
ずっとホテルで済ませられるようなことが好きなんです。」

千と千尋の世界が入ってくるに笑ったんですけども。
改めて本人の口から聞くと、変わった子だなーなんて思ったり。
なんか数年前のananでこういうこと答えていて結構衝撃を受けたんですよねー。
一生に一度しか見れないような物にしか興味ない的な感じだったかな?
どこ行っても見に行かなきゃ一生に一回も見れないよ?と誌面の大倉君に全力で突っ込んだ思い出。
あと大倉君と一緒に旅行行っても、結局一人で観光しないとあかんの?とか、そうなら、起きてー行こーってめっちゃ誘うな~とか、でもそれって嫌われる?とか、そんな妄想したり。(何の話)

USJアンバサダーの話。

大「これすごいらしいんですよー。
天使がくれた奇跡っていうクリスマスライブショーなんですけど。
見てたら涙出てくるんですって。
多分ねー見に行く、これを。」

私、多分このショー始まったころに見たことあると思うんですけどね。
泣きはしなかったんですけど(ごめんなさい)
綺麗だったのは覚えてます。
もともとパレードとかには興味なくてとりあえず乗り物に乗っていたいんですよね。
絶叫系がとにかく大好きなんです。
なのでハリウッド・ドリーム・ザ・ライドとかで関ジャニ∞の曲流してほしいな。
あと大倉君にはとにかくボブと絡んでほしい。(言い続ける)
てかこのイベント期間中彼らが来る日があるって思っていいって事ですよね~。
そういう事思うと嬉しいね~♡

やっちまった話。
歯科医師さんと歯科衛生士さんの恋について考える大倉君。
また妄想聞けるかなとか思って謎に期待してしまったり。
てか矢印みたいな鼻って何…??(゚∇゚ ;)

大倉君は髪の毛がなくなったら全剃りか金髪。

大「ハゲても愛してるよって言われたいよね。」

大倉君ならそう言ってくれる女子たくさんいると思うよ。
だから大丈夫。

イラじゃん。
くしゃみが止まらず、

大「なんやろ?
なんか埃…掃除してます?」

と、ちょっと意地悪な大倉君。
からの爆笑する2人がいいね。

あっち系のサイトのネタで優君が鐘をならし、罰ゲーム決定と共に第10シーズン突入。
てか子役ネタばっかり用意してる優君が面白いんですけど(笑)
罰ゲームは来週かな?
楽しいのだといいなー♪

お知らせ。
ここにの事と、振替&追加公演のこと。
大倉君からのお知らせは、豚バラ肉を塩コショウで味付けるとアホみたいに美味しい事。
ちなみにごま油も大切なんだそうです。

「でも豚バラ炒めた後のフライパン洗うの大変。」

べたべたするもんね。

久しぶりの生放送で目がとろんとしてきた大倉君。

「みんなもね、ちゃんと寝た方がいいよっていう事でね。」

ちゃんと寝てるから大丈夫だよー。
大倉君こそゆっくり寝るんだよー。

「俺もずっと寝よ。
ちょっと暇になってきたから。」

実際は絶対暇じゃないと思うんだけど(笑)
休めるときは休んで、また素敵な姿見せてくださいね。

今週もたくさん笑ってる大倉君の声が聞けて幸せでした。
ありがとう。

以上、感想でした。

すげーなのに図鑑〜横山君と大倉君の自由研究〜

また台風が来てる…。
一体なんのつもりだろう。
どっかいけー。

続きはクロニクルの感想文です。
とりあえず可愛いしか言ってませんので、それでも読んで下さる方のみどうぞ♪



*:--☆--:*:--☆--:



横山君と大倉君のツーショット。

はぁもう、冒頭からかっこいいと可愛いしかない。
何このイケイケ(古)な2人組。
なのにとか書かれてるけど、このシンプルなボーダーシャツが2人のイケメンさを際立たせるというかなんというか神様ありがとう。
彼らがこの地上に舞い降りてきてくれた事、心から感謝します。
てか私はここ最近真剣に、横山君は神の化身だと思ってるんですよ。
あの神々しさと美しさは忘れられない。
37歳とか人間年齢じゃなくて神年齢で37でしょ。
間違いない。

自由研究、何したか覚えてない2人組。
ヘラヘラしてるー。
可愛ーい。
大倉君はあれですね、覚えてるとか覚えてないじゃなくやってないんだよね、きっと。

でんじろう先生のおもてなしを受けて。
リアクションの悪い自分達を反省する2人。

横「ヤスやったらもっと上手くやってる。
わーわー言ってる。」

横山君てば。
安田君のこと大好きなだけありますね。

ダンボールでの空気砲を受けた大倉君の「うわぁ」がめちゃめちゃ可愛いよぉ。
素敵なリアクションですなぁ。

液体窒素を見て。

大「ウィルキンソン」

横「(被せ気味に)ちゃうわ!」

さすが横山君。
ツッコミが早い。

大「これ雲なんや〜」

って言いつつ雲をふわふわさせてる?大倉君が可愛い。
えー、可愛いー。
可愛い可愛い可愛い。
大倉君は雲の上の虹の滑り台で遊べそうだよね☆←?

そんな彼も雪をカメラさんに向けて噴射させる時の顔は真顔。
こういう時の大倉君の表情いいですよね。
目。

ブーメランで遊ぶ横山君が少年そのもので可愛いよー。

世界最強の磁石を握る大倉君。
大量のクリップを手にくっつけて、

「かっこいいー!!」

からの最高の笑顔。

大「こういうヒーローいるでしょ?」

横「特殊能力持ったみたい。
ルフィみたいやん。」

大「すごいなぁ。」

横「お前テツテツの実飲んだやろ?」

テツテツの実(笑)

火起こし実験。
こんな簡単な事で火がつくんですね!
すごい!

大「おもしろー!!
おもしろいわー!」

の時の大倉君がもう、なんのつもりか信じられないくらい可愛いんですけど!!
おもしろーの言い方も表情も、極上の一級品ですね!!
目がキラキラしてるー!!

大「初めてなのにがおもしろいわ」

でた。
名言(笑)

横「俺も」

私も。

と、思った視聴者は何人いた事でしょう。

飲み物を冷やす実験。
これ、家でたまにするー。
確かに冷える。

横山君が素手で氷を触ってるんですけど、見てるだけで冷たいー!
色が白いから赤くなるのがよくわかるんですよ。

冷えたジュースを飲んだ時の2人の反応がいい。
なんかもう、少年。
2人とも可愛いなぁ。
てか可愛いしか言ってないなぁ。
可愛いに変わる形容詞ってなんかないの。

電流ビリビリ人体実験。

『金網、プラスチック、紙のうち電気を遮るのはどれ?』

横山君は紙、大倉君はプラスチックを選択。

まずは紙を選んだ横山君が機械の前へ。
実は私も紙かなーなんて思ったんですけど、全然違いました。

横山君の美しい手に向かって綺麗な稲妻が!
こんなん初めて見たんですけど…!
めっちゃ痛そう…(;´゚,∀゚︎)

大「思いっきり雷食らってた。
雷落ちてる人初めて見た。」

私も。
(2回目)

続いては大倉君。
最初は正解?と思ったけど、プラスチックを避けて大倉君の手に稲妻が。
あー、美しい手に…!

でもこれを食らった後の大倉君がたまらんのなんのって。
足をぴょんと跳ねさせて、手をぎゅっと握っての、

「痛ーい!!」

えー。
なにこれなにこれなーにーこーれー。
可愛いなぁもうこんちくしょうめ。

私、ここで激萌えしました。

可愛い大セールス?

大倉君に稲妻が落ちた瞬間、私の心にも恋の稲妻が落ちました。
恋のイナズマはココロ焼きつくしますげっちゅ。
ふざけてません。
本気です。

この可愛さ天使ーー!!

もう一回って言われて嫌がる姿も、結果もう一回くらう姿も全部可愛い。
可愛いは正義。

横山君も大倉君もとにかく可愛くて愛おしくて素敵でっていうか最高。
やっぱ関ジャニ∞が好きだー。
大好きだー!!

ってな感じで終わります。

今日はラジオ。
楽しみ。
 

くるむ君とおはぎマンにハートを射抜かれた(ジャニ勉感想)

レンジャーの大倉君可愛い。
ホームシックかー。
遅れて来すぎだよー。
忙しい毎日で時間がないとは思いますが、家族や幼馴染の方と会えるそういう時間も取れたらいいね。

続きはジャニ勉感想っていうか2/∞ロケ感想です。



*:--☆--:*:--☆--:



インスタ映えスイーツを求め、森のおはぎさんへ。
マルちゃんはみたらし味、大倉君はきな粉味のおはぎをチョイス。
マルちゃんがおはぎ持ってる時、大倉君めっちゃマルちゃんのおはぎ見つめてる。
なんでそこまでってくらい見つめてる。
表情も豊か。
あの半開きの口いいね。
大倉君の唇って、キュって閉じててもイケてるし、半開きでもイケてるよね。

おはぎを食べる前、なぜかテンション上がりまくるマルちゃん。

大「こんな人がテレビに出ていいんかなぁ」

いいに決まってる。
そしてそういう大倉君も大爆笑してるし。
癒される…。

インスタ映えおはぎ作り体験。

丸「餅米と餅米を組み合わせるのどうですか?」

店員さん「面白いかもですね。
2色の餅米で中にあんこですか?」

大「あっ!
それいいですね!
それしたいです。」

マルちゃんの案を堂々とパクる大倉君(笑)
こん時のマルちゃんの顔がもう。
ごめんよ(笑)

で、肝心の出来上がり。
朝、録画を見たんですがお陰様で飲んでたホットコーヒー吹きだしそうになりました。

マルちゃん作:くるみくるむくるむ君

大倉君作:おはぎマン

あぁ、こういう時こそブログに写真を貼りたい(笑)
でも我慢。

このおはぎ、どっちも顔がある!!
おはぎなのに顔がある!!
表情もある!!
そしてネーミングセンス!!
くるむ君とおはぎマンって…!!

シンプルに、

なにこれ!?

が私の感想でした♡

でもね、どっちも可愛んですよ。
和むんですよ。
というわけで、くるむ君とおはぎマンのツーショットを大切に保存してます。
可愛い…・:*:・(*´艸`*)・:*:・

続いてはジャグリングショップへ。
こんなお店があるんですね。
面白いー。

ハットジャグリングに挑戦。
何度かチャレンジしてマルちゃん成功。
そして自分の横にあるハットを手に取る大倉君。
シレっとチャレンジし、おでこにハットを乗せるという新技(?)を決めてるではありませんか。

丸「えー!
なにこれー!」

大「何か新しいの生まれた。」

ジャグリング界の新しい歴史の扉を開いてくれた大倉君に感謝しつつ、3週目が終了。
来週も楽しみにしてます!
なんか4週間なんてあっという間ですね。

スタジオトークはダレノガレさんに突っ込む大倉君が大倉君だなーってな感じでおもろい。
女友達の恋愛トークを聞いてこういうこと言ってそうだ。
知らんけどね。
ダレノガレさんが元彼に言われたという、

『音楽の趣味が合わないね、別れよう』

が、横山君のバンドの解散の理由というコメント含め好きでした。

てなわけで、ジャニ勉感想でした。

先週のジャニ勉感想

タイトル通り先週のジャニ勉感想です。
先週のジャニ勉は大倉君の好きなところが沢山あって素敵だったなぁ。
いやいつも沢山ありますけど(笑)
とかなんとか思ってたら時間が経ってた。

そういえば今日はジャニ勉の収録で大阪にいるんですよね。
単純なので、いつもより少し近い場所にいる(いた)んだなー思うとちょっと嬉しいです。



*:--☆--:*:--☆--:



ではさっそく。
まずは2/∞ロケから。
今回は池田豊中2週目ー。

盆栽の専門店へ行く2人。
盆栽って鉢に入ってる年数で価値が決まるんですね。
知らなかったー。
勉強になりますねぇ。
それだけ鉢に植え替えてから育てるのが難しいって事なのかなぁ。
何年も育てるのって手間暇かかるだろうしね。
300万円する盆栽も紹介されてたけど、私こういうの見ると盗まれない?大丈夫?とか勝手な心配しちゃうんですよね。

盆栽作り体験。
大倉君は五葉松、マルちゃんは富士桜。
自分で選んで自分で作ったら愛着湧くだろうね。

丸「考えるの楽しいな」

大「こういうのやりだすと無言になる。」

丸「そうやねん。
今頑張って喋ってるけど黙りたいもん。」

大「黙っていいよ。」

丸「ほんま?」

大「多分ナレーションベースになるから。」

丸「お前さぁ それはホンマにそう思うわ。」

大倉君や。
なんかめっちゃ大倉君(笑)

出来上がった盆栽を紹介するとき大倉君とマルちゃんの名前逆になってますね。
そういやマルちゃんがインタビューで持って帰りたいって言ってたけど、持って帰れたかな?
2人とも育ててほしいなー(希望)

続いてステーキハウス神楽さんへ。
こちらはエンターテインメント性溢れるステーキ屋さんだそうで。
確かにお肉を焼くためのあれこれがすごかった(笑)
お店の方のパフォーマンスを見て、

大「就職するの大変そうやな。」

そこ?(笑)

お肉の焼き加減を聞かれ、

大「僕結構しっかり目が好きです。」←ちなみにこの言い方めっちゃ可愛い。可愛いったら可愛い。

丸「僕ですか?
そのお肉の一番ベストな状態でお願いします。」

大倉君はしっかり目。
しっかり目(インプット中)

よかった、一緒♡

そしてマルちゃん、かっこいいな(笑)

ステーキめっちゃ美味しそうだし。
でも高ーい!
ランチに17000円かぁ。
庶民の私にはなかなか手が届かないっすね(笑)
ちょっといい事あった時にしか食べられないやつですわこれ。
なんかないかな、ちょっといい事。

マルちゃんのギャグのお時間。

丸「じゃあちょっと、美味しい時のやつやっていいですか?」

大「どうぞ。」

丸「おいし
おいし
おいし〜〜〜〜〜」

大「初めて見た。」

丸「初めてやった。
定番化していくからよろしく。」

大「芸能人ってもうちょっと面白いもんなんですけどね。
あはははは。」

とかなんとか言っちゃって、どうぞっていう時の笑顔とか、見終わった後の笑顔とか、最後の笑いとか、マルちゃんに対する時の私が好きな大倉君がギュッと詰まってて幸せでした。
和むなぁー。

日本のわびさびの精神に触れ、美味しいご飯も食べて楽しそうな2人が見られてなによりです。
次のロケの予告映像もなんか素敵に萌えそうな感じだったんですよ。
楽しみ。
早く見たい(♡︎ˊ艸ˋ♡︎)

ゲームセンターで見つけた頑小道。
◯◯に憧れて太鼓の文言を見て、もしや?と思ったけど、来た!笑
裏切られる事なく想像通りで嬉しい。
大倉君に憧れて太鼓の達人を始めた高校生現る!
光浦さんの「チルドレン」に笑ったー!
大倉チルドレンいいなー。

村「大倉あれくらいやったら目つぶっていけるからな。」

村上君のこの発言笑った。
VTR見てるときも見終わった後もやいやい言ってくれるメンバーが好き。

大「無理無理無理無理。
レベルが違いますわ。
俺、太鼓の達人やってた時小学生のヒーローやったもん。
歩いてたら達人やーって言われてブワーって寄ってきてた。」

大倉君も言ってたけど、その子達が高校生になって…とか思うと感慨深いねぇ。
つい最近まで太鼓を叩く大倉君をテレビで見てた気がするけど、あれって何年前?
小学生が高校生に…時間の流れって…。
やだ、こわい(・∀・)

指差し。
関ジャニ∞の中で出産に立ち会い感動して一番泣きそうなのは?

・マルちゃんと錦戸君→村上君
・村上君→横山君
・横山君→錦戸君
・大倉君→大倉君

自分で自分を指差したのに、誰からも選ばれてなかった大倉君!
みんなに、なんで?って聞かれての、

大「俺、意外と涙もろいから(笑顔)」

なにこれ。
ときめくーーー!!!!
(●︎´д`●︎´д`●︎)
からの大倉君、撃沈。
これ、可愛い。
可愛いよ。
机に突っ伏しちゃう大倉君が可愛いよー。

大「20年付き合ってるのに…。
恥ずかしいー(笑)
みなさんは?」

錦「大倉の話が聞きたいわ」

大「いやいや。
俺涙もろい…(笑)
人の誕生する瞬間ですよ。
僕ドラマでも出産シーンみたいな時あったんですけど。
頑張れ頑張れーって言ってたんですけど。
そん時でも泣きそうだったんですよ。
ほんまやったら泣いちゃうやろなーと思ったんやけど…(笑)
誰も指してくれへんから(笑)
もーどうしよ恥ずかしいー。」

ちょっと誰か選んであげて(笑)
でも大倉君の自己評価がメンバーとずれてる時っていいですよね。
なんというか、その時ってみんなからヤイヤイ突っ込まれてるからさー。
恥ずかしそうにしてる姿とかめっちゃ可愛いし好き。

結果、好きって言ってるだけの感想でした。

そういえば、ダビングしていただいたクロニクルの映像を見たんですけど。
横山君と大倉君ででんじろう先生に会いに行ったなのにさんがとても面白かった!
そしてとあるシーンで激萌えしてしまいました。
初めてなのにが面白いは名言です(笑)

なんか話逸れたけど以上です。
 

修行が足りなかった…ごめんなさい。

色んなお知らせが舞い込んできてますねー!

USJと関ジャニ∞でしょー。
(決してユニバと言わないタイプの関西人)

大倉君とボブが絡んでくれないかなぁ…♡
ボブ可愛くて好きなんですよね…。
何とは言わないけどあざと可愛いものにめっぽう弱くてね…。 
大倉君もボブもクマちゃんがよく似合うからコラボできると思うんですよ。
はぁ♡
(激しく偏った)夢が広がる(*≧︎艸≦︎)♡

で、そんな私が昨日一番喜んだのは追加公演。
知った瞬間京セラリベンジできるかも…なんて思ったんですよ。
だってだって、京セラ。
やっぱ行きたいんです。
一番近いドームに行けないって何事!?と思ってるもんさ。

きっと倍率は大変な事になるだろうけど、一筋の望みをかけて頑張ります。
ま、詳細がわからないんで今のところなんとも言えないけどね(笑)

とは言いつつですね、ちょっとこの追加公演自体に賛否両論あるのかなぁ…な思いもあるんですけどね…。
ってか私が昨日たまたま目にしたものが否の方が多かったんだろうなぁ。
アメ◯ーーク!にて、"賛否両論主に否"っていう、エ◯ァの最終回の評価を下したオ◯ラジあっちゃん(伏せ字の意味)の言葉を借りてしまいますけどね。
いやー、使ってみて思ったけどこれ使い勝手のいい言葉ですよね。
あっちゃんかっこいいー(雑)

なんていうかね?
私が個人で勝手に思うのは、

大倉君は福岡がオーラスって言ってたよ!

って事なんですよ。
台湾公演は台湾公演、振替公演は振替公演、追加公演は追加公演として別物として臨んでるんだと思うんだけどなぁ。
って事です。

そりゃ発信する側受けとる側、色んな人の色んな思いがあることは大前提なんですけどね。
更に人を介するからもー、色んなものが混ざり合うし。
誰が正しいとか間違ってるとか無いのもわかってるし。
もちろんそれは理解した上で。

でもせっかく生放送で、色んなこと話してくれてる貴重な時間なのに。
せっかく自分の言葉でいつも色んな思いを聞かせてくれてるのに。
なんか、ラジオでこう言ったのに…みたいに言われてるのを見かけると、 

んーー!?

っていう声にならない行き場のない思いが芽生えて。

人間の言葉って、悪く受け取ろうと思えばいくらでも悪く受け取れるし。
ああ言ってたけど本当は…なんて思い出したらもうキリがないし。
逆も然りかもしれないけれど。
でもあの日のラジオの発言に嘘はないと思うんですよ。
それもまぁ、受け取り側の私の勝手なんですけど。

ただなぁ、なんかここ最近必要以上にあーだこーだ言われてる気がして切なくて。
何言ってもこれじゃ…私なら自分の気持ちを喋るの嫌になる。
もーええわ、ってなりそう。
なんてあれこれ考えた一日でした。

『出来るって決まったことが何より嬉しかったですね。
気持ちをこめてパフォーマンスしたいと思いますけれども。
だから、来られる方楽しみにしていただければ。』

この言葉、残しといてよかったと改めて思った。
たまには自分のブログも役に立つもんですね。

てかまだまだスルースキルが足りないなぁ。
情けない。
なんかめちゃくちゃだし、お目汚し失礼しました。

よし、明日からも頑張りましょう。
 
プロフィール

hiromi

  • ライブドアブログ