本日横山君のヌードに億千万の(早売りの)期待をし本屋に行きましたがありませんでした。
普通に明日かぁ…(´-ω-`)
でもあの特集の時って手に取りにくい…。

その昔絶対にむっつりスケベと言われた私…。
めっちゃ見たいくせに人前では興味ないフリしてしまうという。
だって人前であの特集を手に取れないし。
しかも付属のDVDをどうしていいかわからんし。
大倉君の時のDVDみなさんどうしてるのかな??
見るのはさほど抵抗ないしいいのですが、封が空いた物を何十年後かの死後に見られたら嫌だなとか結構真剣に考えてしまうので開けるのもためらうし。
そういうの心配してるんだー(笑)
とか、もしくは未来にいるかわからないけど子孫に笑われるのも嫌だし。
多分こういう発想がむっつりと言われる所以なんでしょうね。

でも私が死んだら絶対に大倉君のananは棺桶に入れてねって今から家族に頼んでいます。

そんなこんなでちょびっと切ない思いをしましたが彼らが表紙のメンノンみてウフフとなりました。
ネットで購入済みなので明日か明後日には届くかな♪
マルちゃんの写真が好きだったなー♡
大倉君のは恥ずかしいので直視していません(笑)
家でゆっくり見ます。

関西ウォーカーは大倉君のエプロン姿(しかも上はTシャツで腰だけつけてるやつ)を載せてくださっていたので明日のジャニ勉が楽しみです。



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



続きに、8月5日公演の感想を残したいと思います。
レポではありません。

セトリなどに触れておりますので、
ネタバレ回避中の方はお気をつけください。

内容はほぼ大倉君のことです。

少し下げます。













☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


















この日のお席はバクステの真上の5階席。
ナゴヤドームの5階席なので所謂天井席です。

でもモニターが死角もなくしっかり見えて、ど真ん中という事もあり全体が見渡せました!
なんなら両目にペンラが動くのが視界に入ってきて、あまりに全部同じ色と動きしてるんで酔いそうになるくらい(笑)
バンドの時なんて大倉君と線を結んだら一直線って感じで(笑)
運命やん!(なんの)
とか考えて幸せを感じたり。

プロジェクションマッピングみたいな映像をきちんと見たかったので嬉しかったし、大倉君が映像や照明に携わったとラジオで教えてくれていたので、これの事かなぁ?と想像めぐらせたり。
大倉君の言ってる映像ってどこまでなんだろう?
間に入るあれこれや、ローションのあれこれかな?
気になるー!
もっと詳しく知りたいな。
またラジオで話してくれないかな。

公演が始まり大倉君自身が一番初めにカメラに抜かれた時の顔を見ただけで心臓がキューとなって好き好きスイッチがオンになり公演中相当キャーキャー言ってたと思います。
ただこの日周りの方は比較的落ち着いてらっしゃって、誰が何をしてもキャッ♡ってなってる方を見かけなくて。
天井席でキャーキャーなってたらおかしいんかな?とか色々考えてしまい、うるさかったかなぁ…とここだけが終わった今も不安です。
周りの方すみません。
とは言いつつキャーキャー言いたいので今後も絶対言うけど。
だって大倉君の投げちゅーやキス顔のトキメキを抑えて冷静でいるなんて絶対無理だし、むしろ拷問ですよね。


勝手に仕上がれ
後ろのみんなも〜のすばる君のパート。
「エロい下着やなぁ」
にグフっとなり。
さらに安田君のちょ、そんなに見られたら〜のパート。
「股間が疼くやん」
にギャーとなる。

侍唄
も~~!!
錦戸君めっちゃ可愛い!!
一体何のつもりだーー!!
イントロをギター侍(誰が言ってたっけ?)のように、ジャーン♪と鳴らし演奏。
おふざけが過ぎたのか歌い出してしばらくしてまさかのやり直し。
みんな笑ってるし、大倉君はもう直ぐでドラムやったのに〜的なことを言ってるし(笑)

夢への帰り道
侍唄から引き続きおふざけするメンバー達。
大倉君の遅れて歌うのはおふざけだろうがなんだろうが超かっこいい。
好き。

ここは安田君の良さが存分に発揮されてました(笑)
てをふるなら
ハグしてほしい
がこんな面白い事になるの?
村上君が自分のパートを歌ってる時そりゃもうニヤニヤ笑っていて、すばる君からストップの指示が入りこの曲もやり直しに(笑)
こちら的には何回歌ってくれてもありがたいし幸せでございます。

侍唄では大倉君が最後にシンバルを優し〜く叩くのですが、ふざけていてもこれがすごく好き。
シンバルを愛でてるらしいです。
愛でシンと言うらしい。
生まれて初めてシンバルになりたいって思いました。
来世はならないといけないものが多すぎる。
この愛でシンが一連のおふざけの原因にされかけていましたが(笑)侍唄へいくときの錦戸君の挨拶がそもそも…という事で落ち着きました。

マルちゃんが名古屋で味噌煮込みうどんを食べた話に笑いました。
なんでここで味噌煮込みうどん(笑)
Tokyoholicでも味噌煮込みうどんのくだりを自分であかんわ〜というマルちゃん。
味噌煮込みうどんいきてるなー。

バンドの時に大倉君を真上から撮るカメラワークが最高に素敵です。
衣装がハーフパンツみたいな感じなので真上からの映像を見る度にお股のところらへんや、チラッと見える内太ももを見てときめいてました。
あの太もも~♡♡
もうこれがとにかくめっちゃいい。

奇跡の人
私はこの歌好きです。
俺もだめなとこ直すからの一言が全て語ってると思う。
自分だけにこうしろって命令してるわけじゃなく、2人で思い合って生きて行こうっていう歌だと解釈してます。
そもそも関白宣言自体そうですからね。
ちゃんと聴いて!!
だからネットの下げ記事が本当に嫌。
揚げ足とらないでほしい。
(ライブと関係ないこと書いてすみません)

Jam Lady
ah-haのところ最高ですね。
相変わらず大倉君の、
♪ケ〜ロケロ(ぶちゅ)
が好き過ぎて好き過ぎて好き過ぎて…。
胸が苦しい。
思い出しただけでもニヤニヤ。
京セラ以降の通勤中のBGMは99%この曲です。
そんくらい好き。
ここのシーンは息を潜めてモニターをガン見しちゃいます。
大倉君、なんであなたはそんなに素敵なんですか。
チャラいの大っっっ好きなので、ぜひこの曲は今後もライブなどで頻繁に披露してください。

名古屋へ行く道中にもオレンジレンジの曲を聴いていたのですが、大倉君とRYOさんの声似てる。

DO NA I
バクステー!と思ったけど真上過ぎて見れないという(笑)
首を直角に曲げ双眼鏡使ったらなんとか?って感じでした。
やっぱダンスが素敵(♡︎ˊ艸ˋ♡︎)

ノスタルジア
今回の位置的には大倉君の登場の時、後ろ姿から始まるなぁ〜♡サラサラの髪の毛堪能しよ〜♡と思っていたのですが、いざ彼が現れびっくり。

フード被ってる(笑)

いや、いいんですよ?フード。
多分大倉君はフードがあったら被らずにはいられない体質だろうから(そんな体質ない)いいんだけど。
私、金髪がキラキラ輝いて揺れるのを見たかった。

緑色の天使の舞
が、
緑色の舞
だった..;゚*(/д\)+゚;..

でも顔が見れなくてもめちゃくちゃ動き綺麗。
でも顔が見たいし髪の毛見たい。
センターに来たらきちんとフード脱いでたけれどね(笑)
その姿はやっぱ天使。
てか緑色のイメージは天使よりも妖精??
衣装の背中のところがヒラヒラとしてて、ダンスの綺麗さが表現されるのかなぁーと思いました。

えげつない
大倉君vs安田君。
今回は歌詞通り。
今後も歌詞通りかな?
金髪にしたことあったけど〜のところで大倉君が悲しそうにしてるのが可愛い。
そこから切ない顔してたので安田君の勝利という事でしょう(笑)
横山君の免許証の再発行は6回目らしいです。
どっちにしても無くし過ぎ(笑)

ネバネバ
ローションはマルちゃん。
この頃には大倉君のぬめっと感もおさまり、むしろパリッとしていて普通にかっこいい。


MC
安田君の癒しの話が面白過ぎて。
金魚見てる〜って可愛過ぎ(笑)
その話を横で聞いていたマルちゃんが、
えっ!?
ってなってたという一連の流れを想像したら、関ジャニ∞の楽屋はとても平和だな…と思いました。
30代男性の集まりとは思えない。
驚きつつ人の癒しをそんな風に思うのはいけないと考えちゃうマルちゃんの優しさが素敵すぎる。
そして横山君は安田君の事好き過ぎる。
もはやただのファン(笑)
安田君が履いている靴下の話も面白かったし、安田君の髪の毛を陰毛とか言っちゃうすばる君には白旗でございます。
そんな下の毛じゃない。
あれは大人の毛なのよ(笑)

この日はとにかく安田君&覚醒した錦戸君のいいところ大放出だったと思います。


アンコールの後、退場のとき大倉君が、
「あなたたちがいたからー!」
を連呼していて。
横山君にだから何??と突っ込まれても、
ひたすらあなたたちがいたからを繰り返す。
そう、あなたたちがいたから
とか(笑)
これがもう本当に面白くて可愛くて。

最後までずっとあなたたちがいたからって言いながらステージにいる大倉君が好き。
一体何回くらい言ってたんだろ。
こちらこそ、あなたたちがいたからー!ですよ。
続きわからんけれども(笑)

最後の挨拶の時マルちゃんが今回の公演はここにいる人だけの秘密にって言ってたのですが、大倉君のこれだけは他ではもうしないで〜とか勝手な事思っちゃいました。
だって最後の最後まで大倉君でいっぱいだったんだもん。

欲張りでごめんなさい。

前にも少し書きましたが5日の大倉君は顎のあたりにお肉があるように見えて、京セラの時より可愛い感じに見えました。
でもキラキラしていて綺麗でかっこよくて、ストーカーのように見つめ続けました。

投げチューも多かった気がする。
気がするだけかな。

おふざけもあって沢山笑った公演でした。
映像化の際には少しでもこの日の公演を残しといてほしいです。


以上、8月5日の感想でした。
6日の感想はまた後日。