本当は、

大山田とお手々繋いで激辛焼そばを食べる村上信五様がso cute♡だった件

っていうタイトルにしようかと思ったのですが、タイトルで書きたいことの8割書いてるなと思い、前半ぶった切りました。

というわけで昨日のジャニ勉です。

ゲストは土屋炎伽さんと加藤諒さん。
今回、横山君はお休みです。

土屋さんのとこではマルちゃんによるウォーキング披露があり。

関ジャニ∞のウォーキング王子(笑)によるとウォーキングは、

丸「教えてもらうものじゃない。
自分で育んでいくもの。」

らしいです。
突然の名言やめて。
爆笑した。

私、先週からマルちゃんが演じる?変な人がめっちゃツボなんだよー。
先週の感想書けてないけど、京都人キャラとかすんごい面白かった(笑)
あと京都をプレゼンする謎のキャラとか。

土屋家のルールのとこ。

大「彼氏にも求めたりしないんですか?」

と質問する大倉君。
どうやら『十五夜は必ず月を見上げる!』が気になった模様。

これまた土屋家のルール『七夕の短冊は必ず書く!』を聞いた大倉君。

大「一緒にやらなあかんのかぁ…。」

加「えっ!?」

隣で驚く加藤さん。

大「立候補してるつもりはない!笑」

大倉君、短冊書いてくれそうだけどね。

加藤さんのとこではドラマの現場でマルちゃんと一緒にしたゲームをスタジオで披露してくださり。
その名?も『きゃりーぱみゅぱみゅさんのどの曲を踊っているでしょう?』ゲーム。

加「やってみます?
皆さん分かったら答えてくださいね!」

大「オッケー♪」

このオッケーの言い方が可愛すぎてな。
巻き戻して何回も見て。
私も大倉君に何かお願いして、オッケーって言われる日がくればいいのになって思わずにはいられなかった。

もちろんマルちゃん&加藤さんのダンコラボは最高でした。

さぁ、いよいよタイトル回収です。

かっこいい大人の男になりたい加藤さん。
激辛料理をクールに食べる=かっこいいとの事で、スタジオにて激辛カップ焼そば『プルダックポックンミョン』を食べることに。
辛いのが好きだからか、クールな表情で食す加藤さん。
ここで、プルダックポックンミョン(入力めんどい)にハバネロと一味をプラスしたジャニ勉特製焼そばが登場。
匂いを嗅いだだけで辛がる村上君。
それに対して全然辛くないという加藤さん。

加「行けると思いますよ!」

丸「行こう。
あかんわ、俺らやらんと。」

村「手。
手、握っといて。」



テニギットイテ(・∀・)



カワイイ(・∀・)



マルちゃんと右手を繋ぎ焼そばに向かって歩く村上君。
焼そばに到着。

到着するやいなや安田君の右手と自分の左手を繋ぐ村上君。

安「こっち握ろか?」

村「うん。」

そんな安田君の左手を両手で包み込む大倉君。

大「頑張れ。
頑張れよ。」

安「頑張れよ!」

村「はい!」

村上君にエールを送る2人。

丸「いくよ。」

村「うん。」

空いてる右手で村上君に焼そばをあーんするマルちゃん。

ちょっと。
なにこれ。
この人たち何してるの。

めちゃくちゃ可愛いんですけど!!!!

手を繋ぎ一列になって焼そばを食べる関ジャニ∞!!!!

最高!!!!

一口食べた瞬間村上君の口からキラキラが出ていったけど。
この部分のあまりの可愛さに朝から萌え散らかしてしんどかったよ。

ええもん見た。
間違いなく今回のジャニ勉のハイライト。

ブラック心理テスト。

『いつも歩いている道を歩いていると、何もなかったところにポストを発見。
ポストの中には何が入っていた?』

ポストは心理学的に、

・人と人を手紙で繋げる=コミュニケーション能力
・たまっている郵便物=自分を押し殺している部分

を表しているらしく。
コミュニケーション能力についてわかるとか。
そんな今回のテストで分かるブラックなダメポイントは、『心の引きこもり度』。

なんだろうね。
こう聞いただけで今回一番ブラック度が高いのって…。

…大倉君?

ってなっちゃったよね。
ごめんね。

ただその想像通りだったよね。

大倉君の回答は、『虫だらけ』。

自分の回答を見て爆笑する大倉君。
私もつられて爆笑。

虫だらけのポストって!
嫌すぎる!!笑

先生が今回の回答だけでなく、今までの大倉君の回答も含め解説してくださり。

先生「説明はしないけど、分かってくれる人だけ分かってくれればいいという。」

村「あ!」

大「お!」

村「おうてる!」

大「まさに。」

村「おうてるやん!」

大「合ってる!
まあ、悪くないですね。」

と、本人と村上君も納得の結果に。
個人的にこの時のただよしんごの掛け合い好きだったな。

虫だらけのポストかぁ。(ツボ)
しばらくこれで笑って生きていけそう。

毎日気分が滅入るようなニュースばかりだけど、関ジャニ∞を見ると元気が出るね。

ありがとう関ジャニ∞。
ありがとうジャニ勉。